痛風

まさか自分が痛風になるとは

なんか足の親指がいたいなあ、昨日歩きすぎたからかな?

 

骨折の経験がある私は、その時にも似たような痛みを味わっているので昨日の曖昧になった記憶を呼び覚ます

 

突き指のようなおれたような、何とも言い難い例えるならば骨を剥き出しにしてペンチで握っているような耐えがたい痛みである。

 

その時は、突き指か疲労骨折かな?と思っていたのだが3日経っても痛みが引かず、
これはおかしいと思いネットで調べることにしました。

 

足の親指関節の痛みだと思います。

 

検索をかけたら痛風について記事があがりだしてそこで初めて痛風であることに気がつきました。

 

風が吹くだけで痛む。

 

とは本当にこの事で、歩くこともままならず私は靴をはくことも困難でした。

 

血液中の尿酸値が高まるとその尿酸の結晶(拡大したものを見ればわかる)が特に足の関節部分にたまっていく、厳密に言うと突き刺さる事によって痛みが生じる。

 

痛風の怖いところは2つある。

 

一つ目は自覚症状がなくなった後が、怖いところ
痛くなくても体内の尿酸値は痛風の症状が出ている時以上に高い事がある、つまり痛くないから大丈夫ではない所
痛くないからこそ気をつけなくてはならないのです。

 

そしてもうひとつは私自身が経験しましたが尿路結石がセットで来る事(必ずではないですが確率が高め)
こちらについては地獄の苦しみです。

 

私自身が人生で経験した痛みの中でトップ3に入ります、何をしていても痛くて最終的に布団の上に居ましたが脂汗で布団がぐっしょり濡れるくらいの痛みです。

 

救急車呼ぶかどうか五回位悩んで(痛みのあまり死を覚悟していた)あまりの痛さで人生初の嘔吐、その後で徐々に痛みが引いていき後日石がコロッと出てきました。

 

膀胱にたどり着くと頻尿と残尿感が私の場合はひどかったです、このように痛風になると様々な苦しみが待ってます。

 

普段から食生活に気を使う、私はビタミンをたくさんとるようになりました。

 

とはいえ体質的なものもあるので気をつけていてもなる場合があります、自ら原因を作ることは避けたいものです。

 

(愛知県 痛風太郎さん)

 

痛風の薬の購入はこちら